第五世代

ハーブというものであっても、所持をしてから規制されることで、それが非合法になることもあります。
入手した段階では合法というものであっても、規制されて非合法になってから使用をしたりする場合には、違法となり逮捕される可能性もあります。所持をするのであれば、規制についての情報は仕入れておくようにしましょう。 Continue reading 第五世代

知識なしでのハーブの使用は危険性あり

規制されている商品ではないので「合法」と呼べることは確かですが、合成カンナビノイドがという、大麻と似たような効能があるといわれている化学物質が含まれています。
故に、販売目的とされている、お香や観賞用意外の誤った使用方法を用いると、身体に悪影響を及ぼす可能性があると言えるでしょう。
様々な事柄に共通して言えることかもしれませんが、何かを使用する際は知識を求められものです。
決してハーブを使うべきというわけではありませんが、使用をするということになれば、必然的に知識が必要になります。知識なしでの使用は身体に悪影響を及ぼす可能性が高いと言えるでしょう。 Continue reading 知識なしでのハーブの使用は危険性あり

非合法

ハーブとはいわれるものの、これによって捕まることはないのか、という疑問もあります。
ハーブという名前で販売されていたとしても、これが規制をされることで非合法となることもあります。
Continue reading 非合法

ボングを使ったハーブ使用(禁止)

水パイプ、またはポングと呼ばれるものがありますが、これも喫煙の道具になります。
ポングによって吸引をすると、煙の味がマイルドになるという特徴があるようです。
しかし、ハーブや合法スパイスといったものは、本来は煙を吸引するためのものではありませんから、間違った使用方法になります。
Continue reading ボングを使ったハーブ使用(禁止)

ハーブとは?

現在、ハーブはサブカルチャーとして定着しているといっていいものですが、これはハーブであるというように認識している人もいます。それだけに、規制などによって変化が頻繁に起こってしまうのが、このハーブの現状なのです。また、日本では薬事法によって、ハーブを人体に摂取する目的で販売をすること、そういった効果の説明をすることは禁止されています。 Continue reading ハーブとは?

ハーブ・ドラッグの効能

ナチュラルハーブの抜けの速さなどについては、個人によって変わってくることになります。
他人の意見を聞きたいと思うようにあるかもしれませんが、そのときの感じ方やその人の耐性などによっても変わってきます。
Continue reading ハーブ・ドラッグの効能

ハーブの保存方法について

だいたいの目安として、ハーブの効能(?)期限は未開封で3年、開封したものは1年と一般的に言われています。ただし一度開封すると、どんどん劣化が進みますので早めに使用するのが良いでしょう。
Continue reading ハーブの保存方法について

オリジナル商品について

ハーブは既製品とオリジナル商品があり、オリジナル商品はオリジナルハーブ、オリハーブなどと呼ばれています。オリジナルハーブで有名だったのはオランダのAMG社があり、『ホットスタッフ』などの有名な商品がありました。その後2010年にAMG社は市場から撤退したように思われていたのですが、最近はまた復活してオリハーブを出しているようです。 Continue reading オリジナル商品について

正しい使い方

ハーブの正しい使い方というのも、おかしな話だが、ハーブは体内摂取を目的に販売できないようになっているので、使うほうもお香として香りを楽しむことにとどめておきたい。
お香として使用する場合、ポプリをつくることもできるし、それに向いたハーブもあるのだが、しっかり香りを楽しむのなら香炉などで焚いて使うのが良いだろう。
Continue reading 正しい使い方